具体的にどう違う?朝昼夜キャバクラの違いについて

夜キャバとどう違う?朝キャバ昼キャバの実態について

朝キャバと昼キャバでは来店されるお客様の質や時給、仕事内容について大きな差はありませんが、朝昼キャバと夜キャバとでは来客者の年齢層や職業、女の子に支払われる時給、ノルマの有無、ノルマの厳しさなどに違いがあります。

このページでは主に、夜のキャバクラと朝・昼のキャバクラでどう違うのか?ということをご紹介していきます!

朝昼キャバクラで働こうか、それとも夜キャバクラにしようかと迷っている方は是非参考にしてください。

名前の通り営業時間の違いがあります!

キャバクラには朝キャバ・昼キャバ・キャバクラと呼ばれるお店の形態が存在します。

通常「キャバクラ」と呼ばれるお店は夜間営業している一般的なお店を指し、朝昼キャバになると早朝から、また昼間から営業しているお店になります。

朝キャバや昼キャバの主な営業時間をチェックしてみると……、

  • 朝キャバ…早朝5~6時前後から開店(早朝4時頃から開店するお店もある)
  • 昼キャバ…正午や午後一番から開店するお店が多い
  • キャバクラ…午後7時前後から開店し、真夜中までが営業時間(ただし違法店は真夜中過ぎても営業する事があります)

朝キャバは早朝から開店し、午後一番に営業を終えるお店もあります。昼キャバは午後一番からオープンで夕方5時頃にクローズのお店もあります。

ただキャバクラの営業時間は風営法で「日の出と共に営業しても良い。ただし閉店は真夜中12時(一部深夜1時)まで」と決まっているため、

  • 朝キャバのお店だけど早朝6時オープンで夕方5時まで営業している
  • 昼キャバだけど午後一番からオープンして真夜中まで営業している
  • 朝キャバだけど早朝から真夜中まで休憩を挟みながら営業している

など営業時間は様々です。朝キャバだから朝しか営業していない、と言うわけではなく午後も営業するお店もあったりするので、面接時にお店の営業時間を確認してみてください

もちろん中には午前中しか営業していない朝キャバ、午後しか営業していない昼キャバもあります。

給料面の違いについて

夜キャバと朝昼キャバの大きな違いの一つに「女の子がもらえる時給に差がある」事があげられます。

朝昼キャバの時給は約2,500~3,500円ですが、夜キャバは時給8,000円を超えるお店もあります。

夜キャバの時給は平均すると約4,000~5,000円前後でしょうか。朝・昼よりも時給が高いのが特徴です。

「高い時給が欲しいから夜のキャバクラで働こうかな」と思う女の子もいますが、状況によっては朝昼キャバの方が夜キャバよりもトータルで高い日給がもらえるケースもあります。

夜キャバクラは勤務時間が約4時間前後です。もし5,000円の時給がもらえるとしたら日給20,000円ですね。

でも昼間ずっと営業している朝昼キャバで早朝6時から午後3時まで2,500円の時給で8時間(途中休憩を1時間挟む)働いたとしたら日給は20、000円になり4時間働い夜キャバと同じになります。

夜キャバは就業後にお客様と一緒に店外デートをしたり、同伴出勤のノルマがあったりと就業時間以外に拘束される事も多いので、ノルマの緩い朝昼キャバで働く方が精神的・体力的に楽かもしれません。

単純に時給だけでも見ると不利な朝昼キャバですが、勤務する時間や勤務環境に目を向ければそれほど悪い条件ではないと思いませんか?

働いてるキャストの内情にも違いがあり?

夜キャバは、専業キャバ嬢や副業のために働くOLなど社会人が多い傾向にあります。もちろん学生がWワークで頑張っているケースもありますね。

これに対して朝昼キャバクラは10代、大学生、シングルマザー、OL、主婦など、夜間に働けない女性や休日に暇が出来てしまう女性がメインになっています。

特に主婦の場合、家族だけではなく周りの人達の目も気になります。真夜中に働いているとどんな勘繰りをされるか分かりません。

「隣の奥さんは風俗店で働いている」なんて噂が流れるのも気持ちよいものではないので、昼間に働ける朝キャバ昼キャバは都合が良いのです。昼職で働いているようにしか見えませんからね。

朝昼キャバはお客様の数も少なく、営業を掛けても売り上げにストレートに繋がらない事もあって朝昼キャバの女の子はガツガツしていません。

本気で稼ぎたい女の子は夜キャバに移動してしまうので、結局、朝昼キャバには売上にあまり拘らないキャバ嬢が残る事が多いんです。

勤務時間や日数にも違いがあります!

夜に営業しているキャバクラは、通常夜7時前後にオープン。法律上では午前1時が営業時間のリミットになります。この間約6時間。

夜キャバは最長でも6時間の勤務時間という事になるのですね。

これに対して早朝から昼間にかけて営業している朝昼キャバクラは、早朝6時から午後5時まで営業している事もありこの場合は勤務時間約11時間。

夜キャバクラと比較しても、勤務時間はかなり長くなります。時給はあまり高くない朝昼キャバクラですが、長時間勤務すればそれなりの日当が稼げますよ。

それぞれのキャバクラの違いを知ったところで、より具体的に朝キャバ・昼キャバの仕事内容を知れば、働く時にギャップを感じなくて済むと思います。ぜひチェックしてみてください。

関連記事

平日はOL休日はキャバ嬢!?朝と昼なら日曜でも働けます!

Wワークのキャバ嬢は意外と多い

私は夜行性ではない……そんな人にお勧めなのが朝キャバ・昼キャバ!

朝キャバと昼キャバの出勤時間や

朝昼で働くキャバ嬢はどんな人?こんな女の娘が働いています!

シングルマザーは朝キャバ昼キャ