いきなり夜の仕事は難しい?未経験だからこそ朝キャバ昼キャバ

朝昼夜どのキャバクラでも未経験から働けます!

朝昼夜とどの時間帯で営業しているキャバクラであっても、基本的に未経験でも働けます。

お店によっては水商売の経験があるかどうかを重視する所もありますが、かなり少数派ですね。また朝昼夜キャバクラはどのお店も仕事の内容に大きな差はありません。

それなのになぜ、朝昼キャバは「未経験者にとって働きやすい」のでしょうか?その理由をまとめてみました。

キャバクラに興味があるなら朝キャバ昼キャバがお勧め?

「キャバクラに興味があるけど、なんだかちょっと不安」そう感じる方にこそ、朝昼キャバはおすすめです。

その理由は……、

  • 夜キャバに比べて客層が良い(大人しい人が多い)
  • ドレスやヘアメイクの規定が(夜キャバに比べて)緩いので経費がかからない
  • 昼間の仕事なので昼夜逆転生活になりにくい
  • ノルマが厳しくないので女の子同士の仲が良い(まったりしている)

夜キャバは一般的にお客様が多いためガッツリ稼げる反面ノルマが厳しく、女の子同士の競争もかなり激しいです。

キャバクラは高級クラブと違って、基本的にチームプレーではなく、女の子一人で接待します。

だから連携しあう場面が少なく、ライバル心剥き出しで苛めてくる女の子もいて仕事がしにくいお店もあるんです。

どの時間帯のキャバクラも、お客様にお酒を作ってタバコに火を付けるなど接客の内容に大きな差はないのですが、そこで働く女の子の意識にはかなり違いがあると感じていました。

初心者でキャバクラの事がよく分かっていない女の子は、いきなり厳しい夜キャバに飛び込むのではなく、朝昼キャバでキャバクラの仕事をに慣れてそれから夜キャバにステップアップするのがおすすめです。

いきなりのナイトワークは生活リズムが狂うかも。

夜キャバはだいたい夜7~8時から開店し、終わるのは真夜中過ぎになります。

就業後にお客様と一緒にお酒を飲んだり食事をする(アフター)事もあるので、気が付くと帰宅時間が夜明けになる事もありました。

夜型生活に慣れている方なら問題ないナイトワーク生活ですが、キャバクラ初心者の方の場合、昼型生活に慣れている方も少なくないと思います。

昼型生活の女の子が突然夜型生活にチェンジすると、疲労感や睡眠不足、生活リズムの乱れで体調不良になるケースが少なくありません。

実は「キャバクラの仕事は好きなのに、夜型生活が耐えられない」事を理由に朝昼キャバに移店する女の子もいるんです。

もし貴女が以下のような点に当てはまるなら、朝昼キャバから仕事を始めるのがおすすめですよ。

  • キャバクラ未経験者
  • 昼型生活に馴染んでいる(夜遅いのはダメ)
  • 親と同居していて(家庭の事情などで)門限が厳しい

私は夜11時頃になると自動的に眠くなり、そのままベッドで横になると眠ってしまいます。また結婚しているので夜遅くまで自宅を留守に出来ません。

それこそ主人から「お前、浮気でもしてるんじゃないか?」と疑われてしまいますよね。

昼型生活に馴染んでいて夜遅くまで起きられない、家族に気兼ねして夜遅くまで働けない、キャバクラそのものに不慣れなので緩いお店から始めたい女の子は、朝昼キャバクラを選んでおけば間違いありません。

ガッツリ稼ぎたい場合は夜への移転をお勧めします

お客様の質も割合良く、無理な夜型生活をしなくていい朝昼キャバは特にキャバクラ初心者におすすめですが、欠点もあります。朝昼キャバクラの方が夜キャバクラよりも時給が低いのです。

夜キャバクラは高級店の場合など特に時給8,000円以上稼げるお店もありますし、各種バックで年間数千万円の報酬を得ている女の子います。

そんな女の子はだいたい人気店の夜キャバ勤務。朝昼キャバでは来店してくださるお客様の数が少なく、営業努力をしても成果に結びつかない事も多いです。

もしキャバクラの仕事に慣れ「もっと稼ぎたい」と思ったら夜キャバクラへの移店がおすすめ。

仕事の内容は朝昼キャバと大きく変わらないので、勤務するのに苦労はしないはずです。ノルマが厳しくなるのは仕方ありませんが、お客様が多いのでやる気次第で高額の報酬が得られますよ。

関連記事

朝・昼キャバクラは若い娘が多い?気になるキャストの年代教えます!

朝昼のキャバクラは若い娘が多い

夜の仕事と何が違う?朝キャバ・昼キャバの仕事内容とは?

朝でも昼でも夜でもお仕事内容に

キャバクラはドレスが必要?朝と昼のキャバクラは私服でもOKです!

朝キャバ昼キャバは私服勤務がO