朝キャバ・昼キャバは夜のキャバクラからの移店もおすすめな理由

夜キャバのキャストから朝キャバ・昼キャバへの移店がおすすめな理由

シングルマザーの方や、他の仕事とのWワークとして人気な朝キャバ・昼キャバ。

色々な人が働いていますが、夜のキャバクラから移店して朝キャバや昼キャバに来る女の子が多いのは知っていましたか?

私自身も夜のキャバクラから朝キャバに移店しました。

そんな私だから思う、夜のキャバクラから朝キャバ・昼キャバへの移店がおすすめな理由をご紹介いたします。

①夜よりも気楽に働ける

1つ目は、夜のキャバクラよりも気楽に働くことができるといった点です。

朝キャバ・昼キャバはノルマや罰金がないお店も多く、プレッシャーを抱えずに仕事をすることができます。

これは私の経験からですが、女の子同士のギスギスした関係も夜のキャバクラに比べると少ないように感じますね。

こういった点からも、朝キャバ・昼キャバに移店したら、あなたもきっとプレッシャーから解放されて楽に働くことができるでしょう。

②昼夜逆転生活にならない

2つ目は、「昼夜逆転生活にならない」といった点。

当たり前ですが、朝キャバや昼キャバは朝・昼から営業しているため、帰宅する時間も昼〜夕方と早めです。

規則正しい生活を送ることができるので、昼夜逆転生活になりません。

夜ふかしはお肌の大敵でもありますから、夜しっかり眠れるのはメリットですね。

③迷惑客が少ない

3つ目は、迷惑客が少ない点です。
どんな人が来る?朝キャバ・昼キャバの客層についての記事でもご紹介していますが、基本的には大人しいお客様が多い傾向にあります。

私も夜のキャバクラから朝キャバに移店しましたが、変なお客様が少なくて驚いた記憶があります。

ストレスなく働くことができるのはとても良い点ですね。

実際に移店をするキャストも多い

私自身が移店をしたのは先ほどお伝えしましたが、実際周りの朝キャバ・昼キャバで働くキャストの中にも夜キャバから移店した子は非常に多いです。

「ずっとナンバーワンを維持するのに疲れてしまった」
「昼夜逆転生活を直したかった」
「もっと気楽に働きたかった」

など、理由はさまざまですが、どのキャストも朝キャバ昼キャバでは心にゆとりを持って働いている子が多いです。

あなたも夜のキャバクラに疲れてしまったら、移店を検討してみてはいかがでしょうか?

移店するデメリットは?

朝キャバや昼キャバへ移店をするメリットばかり伝えていますが、いいことばかりではありません。もちろんデメリットもあります。

それは、「稼げる額が低い」という点。

朝キャバや昼キャバはそもそも夜に比べてお客様が少ないので、その分稼げる額も低いです。

どんなに人気であっても、どうしても夜のナンバーワンには届かないわけですね。

ガンガン稼ぎたい向上心が高いタイプの方にはあまり朝キャバ・昼キャバへの移店おすすめできません。
自分の目的にあったスタイルで稼ぐようにしましょう。